渋幕に行きたい!普通の子奮闘記2022年

シンママでも中学受験を諦めない!普通の小4男子が首都圏の難関校を目指す。基本は塾、家庭学習。たまにお出かけを中心に綴ります。

【文化祭2018】昭和学院秀英中学校・高等学校 雄飛祭

こんばんは。ひかりです。



長かった夏休みも終わり、9月は文化祭のシーズンですね。
今週、来週の土日は見たい学校の文化祭が重なっていてどこを回ろうかと計画しているご家庭も多いのではないでしょうか?
我が家も色々と検討して、今年度は自宅のある千葉県をメインに見学する予定を立てました。

ということでさっそく千葉県千葉市の私立中学「昭和学院秀英中学校・高等学校」の文化祭におじゃましてきました。かーくんにとっても私にとっても初の文化祭見学です!



昭和学院秀英中学校・高等学校について

f:id:fruitfullife:20180909005628j:plain

昭和学院秀英中学校・高等学校(略・昭和秀英)は千葉市美浜区幕張新都心の文教地区にある共学の私立中高一貫校です(高校からの入学あり)。

JR京葉線海浜幕張駅から徒歩10分、ほかにJR総武線幕張駅、京成線京成幕張駅から共に徒歩15分です。3線からアクセス可能は魅力的ですね。
敷地のすぐお隣さんが渋谷幕張中学・高校です。海浜幕張駅から徒歩で向かうと昭和秀英の黄色い校舎が見えてきます。目立ちますねー!

中学偏差値は四谷大塚80偏差値で61。千葉県の私立中学高校では渋谷幕張、市川、東邦大付属のいわゆる千葉御三家に次ぐ進学校となっています。





文化祭 「雄飛祭」の見学レポート

学校内に入ると受付があり、入館証とパンフレットを頂けます。それぞれの役割は生徒さんが担当していて、良い意味で先生の存在があまり感じられず自主性に任せてるのか、自由な印象でした。(校則は結構厳しいようですが)

パンフレットを見てかーくんが興味のあるおばけ屋敷や縁日、劇などを見ましたが手作り感があって生徒たちで工夫を重ねて作り上げたのだろうと感じました。おばけ屋敷は結構怖かった笑
やはりおばけ屋敷系統が人気あるのか数も多かったですし行列も出来ていました。



印象に残ったこと
展示物もたくさん見ました。中でも中学1年生の展示で、各々が興味をもった事柄についてのレポートがあったのですが、どれもミニ論文のようで素晴らしかったです。そして学校を描いた絵(水彩画)はみなさんとても上手でした。

他に印象に残ったのは蝉の脱け殻を顕微鏡で見る展示です。
かーくんは顕微鏡を初めて触るので少し戸惑っていましたが男子生徒さんがフォローしてくれました。年頃の男子生徒さんでも、子供に分かりやすく教えてくれて、明るく優しくてしっかりした生徒さんが多いなぁと思いました。合格の旗を持った蝉の脱け殻を頂いてきました。脱け殻でもちょっと苦手…セミ怖い。。。


学校施設について

校内はとても綺麗でした。公立小に慣れているからか古さもあまり感じませんでした。
教室内もシンプルで落ち着いた環境で勉強できそうです。
廊下に鍵付きのロッカーがありました(他の学校にもあるのかな?)
図書館や講堂などの施設は時間がなく入れませんでしたが次の機会に見学してみようと思います。
グラウンドは全面人工芝で充分な広さでした。体育館は2つあり冷暖房完備。学食がないのがちょっと残念ではあります。



初めての見学というのもあり比較ができないのですが、かーくんは生徒さんが親切で明るいところが気に入ったと言っていました。私も生徒さんの明るさと穏やかさは、息子の性格的にも合いそうだなと感じています。
まだ3年生なので志望校というより希望校でしかありませんが、自宅からもアクセスしやすいのでまた足を運びたいと思っています。




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ
にほんブログ村