渋幕に行きたい!普通の子奮闘記2022年

〜SAPIX通塾中の小4男子と働く母が2022年受験に向けてジタバタするブログ〜

サピックス4年3月組み分けテスト自己採点

スポンサーリンク

スポンサーリンク

結果がきちんと出てからにしようと思ってたのですが、一応自己採点と採点結果の点差がどうなるか分からないので忘備録として。

結論から言うと、前回の11月入室テストの点数から10点ダウン〜ほぼ同じくらいと思われます。

算数

算数は…大問1の⑴から間違っていました。
息子は◯◯+△△△ー◼️◼️= のような問題の時、毎度毎度◯◯+△△△の筆算をしてその答えを書いてしまうのです。つまり、ー◼️◼️を忘れてしまう。
今週の計コンにも同様の問題があり、同様の間違えをしていました。
これには母の堪忍袋の緒も切れました。いつも同じことを何回言っても治らないのです。まだ本気度が足りないのか、同じ間違えをしても悔しいと思う気持ちもないからか。なのに井の中の蛙のように自己評価だけはめちゃくちゃ高いからか。それとも生まれ持っての能天気な性格か。精神的な部分が発達途上だからなのか。それとも脳の機能が一部うまく働いていないのか。
息子には、自分がよく引っかかる問題(上記の計算やkgとg、kmとm、cmなど違う単位で答える問題)が出たら、
「俺様を引っ掛けようったって無駄だぜ!」って心の中で叫んでからやれ
と言いました。怒っても右から左なのでどうやって言えば脳内に留まってくれるかこちらも工夫しなければなりません。
ふうぅ。疲れるー(; ̄ェ ̄)

大問1の⑴からこのような有様でしたが、あとの計算はできていました。いつも筆算をしないので、テストの前にしつこく言いました。
「いい、テストの前にはかーくんの好きなヒカキンを思い出してよ?」
「ヒカキンのヒ!は 筆算する!」
「ヒカキンのカ!は 勘違いしてないか確認する!」
「ヒカキンのキ!は 綺麗に字を書く!」
「ヒカキンのン!は ん?と問題をよく読んで考える!」
これは苦しいが息子は納得
息子はヒカキンが好きなので、これなら覚えててくれるに違いない。
計算はヒカキンのヒを守っておりきちんと筆算していたのでよかったです笑

自己採点から脱線しましたが。あとの問題は大体正答率通りに合ってたり合ってなかったりと、7割ちょっとくらいの出来になりました。ただ枠から少しはみ出したり消し残りがあるので減点になるかもしれません。

国語

最初の漢字と慣用句はそれぞれ1問間違えました。これは次に出た時確実にできるようにしっかり復習したいと思います。
記述部分の自己採点が難しいのでなんとも言えないのですが、選択問題は合っているのもあり間違っているのもありで、こちらも7割ちょっとくらいかなぁ?と思っています。
国語については記述力はこれからBテキストの家庭学習を通して少しずつできるようになっていけたらいいと思います。普段の宿題でも不要な部分をダラダラ書いていたりするので、要点を簡潔に書く練習をしていきたいです。



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村